兜蝦(読み)カブトエビ

デジタル大辞泉の解説

かぶと‐えび【××蝦】

背甲目カブトエビ科の甲殻類体長2~3センチ。甲殻は卵形で、尾部は細長く、2本の長い突起が伸び、40対(つい)以上の脚をもつ。初夏、本州中部以西の水田にみられる。くさとりむし。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

かぶと‐えび【兜蝦】

〘名〙 甲殻類背甲目カブトエビ科の節足動物。本州中部以西の水田に六、七月ごろ多数見られる。全長二〇~三〇ミリメートル。体の前半部が楕円形甲羅でおおわれ、後方は多数の節に分かれ、細い一対の尾鞭(びべん)を突出し、脚は四〇対以上ある。体色は暗緑色。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

信用スコア

決済履歴や借り入れ情報などの個人データを分析し、各人の信用度を数値化したもの。スコアが高いほどローンの借り入れ、クレジットカードの利用、不動産契約、就職活動などで優遇される仕組みで、米国や中国では広く...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android