コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

甲羅 コウラ

デジタル大辞泉の解説

こう‐ら〔カフ‐〕【甲羅】

《「ら」は接尾語》カメ・カニなどの背中の部分を覆う硬い殻。甲。
人の背中。
《「功」「劫」にかけて》年の功。長い経験。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こうら【甲羅】

〔「ら」は接尾語〕
亀・蟹・海老えびなどの体を覆う、堅いから。甲こう
人の背中。 「 -を干す」
〔「功」 「劫」に音が通ずるところから〕 年の功。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の甲羅の言及

【甲】より


[無脊椎動物の甲]
 節足動物門甲殻綱の十脚目(エビ,カニ類),アミ目,オキアミ目,口脚目(シャコ類)などでは,頭部と胸部が1枚の厚い外皮で覆われているが,これをとくに甲あるいは甲皮carapaceと呼ぶ。甲殻または頭胸甲とも呼ぶが,口語では甲羅がわかりやすい。また,とくに背甲と呼んで,胸部や体側を覆う外皮と区別することもある。…

※「甲羅」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

甲羅の関連キーワードジャングルタートル カメの主食キッコウジュズモ(亀甲数珠藻)あいつ、亀やめるってよアダマンタイマイトリアソケリス亀の子せんべいヘビクビガメヨコクビガメ明智かめまる劫﨟を経る亀の子煎餅﨟劫を経る甲羅を干すアーケロンべっ甲細工アルケロン長崎べっ甲カラペイスアルマジロチャランゴ

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

甲羅の関連情報