コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

入会林野(いりあいりんや)

1件 の用語解説(入会林野(いりあいりんや)の意味・用語解説を検索)

農林水産関係用語集の解説

入会林野(いりあいりんや)

集落など一定地域の住民が昔からの「きまり」や「おきて」などの慣習に従って、木材、薪炭、まぐさなどを採取するために使用収益している山林原野をいい、その使用収益する権利を入会権という。
入会林野等に係る権利関係の近代化の助長に関する法律」(昭和41年7月制定)により、入会林野の農林業上の利用を促進するため、権利関係を実質上、個人の権利として明確化する近代化整備を行っている。

出典|農林水産省
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

入会林野(いりあいりんや)の関連キーワード住民入会カナカ協同地域団体秣場地下網自主防災組織入会慣習伝統芸能・工芸を介した交流

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone