入会林野(いりあいりんや)

農林水産関係用語集の解説

入会林野(いりあいりんや)

集落など一定地域の住民が昔からの「きまり」や「おきて」などの慣習に従って、木材、薪炭まぐさなどを採取するために使用収益している山林原野をいい、その使用収益する権利を入会権という。
入会林野等に係る権利関係の近代化の助長に関する法律」(昭和41年7月制定)により、入会林野の農林業上の利用を促進するため、権利関係を実質上、個人の権利として明確化する近代化整備を行っている。

出典 農林水産省農林水産関係用語集について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android