コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

入会林野(いりあいりんや)

1件 の用語解説(入会林野(いりあいりんや)の意味・用語解説を検索)

農林水産関係用語集の解説

入会林野(いりあいりんや)

集落など一定地域の住民が昔からの「きまり」や「おきて」などの慣習に従って、木材、薪炭、まぐさなどを採取するために使用収益している山林原野をいい、その使用収益する権利を入会権という。
入会林野等に係る権利関係の近代化の助長に関する法律」(昭和41年7月制定)により、入会林野の農林業上の利用を促進するため、権利関係を実質上、個人の権利として明確化する近代化整備を行っている。

出典|農林水産省
農林水産関係用語集について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone