コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

入庫 にゅうこ

3件 の用語解説(入庫の意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

入庫

証券会社が、投資家から株券などを受け入れ、預かること。投資家が手元にある株券、いわゆる「タンス株」と呼ばれる株券を証券会社の口座に移すこと。入庫すれば株券を紛失したり、災害で紛失してしまうリスクを回避できる。入庫手続きをされた株券は、証券会社等によって保管されるが、証券会社の資産とは分別して保管される。タンス株券遺産相続、証券会社の廃業、持株会の株券など、様々な理由で投資家の手元にあり、国内全体では30兆円とも40兆円とも言われている。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

にゅう‐こ〔ニフ‐〕【入庫】

[名](スル)
品物が倉庫にはいること。また、入れること。くらいれ。「発注していた品が入庫する」⇔出庫
電車・自動車などが車庫にはいること。また、車庫に入れること。「業務を終えて入庫する」⇔出庫

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

にゅうこ【入庫】

( 名 ) スル
倉庫に品物がはいること。また、いれること。
車庫に電車・バスなどがはいること。また、いれること。 「回送車が-する」
▽↔ 出庫

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

入庫の関連情報