入構(読み)ニュウコウ

デジタル大辞泉の解説

にゅう‐こう〔ニフ‐〕【入構】

[名](スル)構内にはいること。「車両が入構する」「入構許可証」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

にゅうこう【入構】

( 名 ) スル
その施設の構内に立ち入ること。 「 -禁止」
列車が、駅のホームにはいること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

にゅう‐こう ニフ‥【入構】

〘名〙 特定の建物や敷地などの中にはいること。特に、列車ホームにはいること。
※死の棘(1960)〈島尾敏雄〉「入構してきた電車の中に向けたぎらぎらした目」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

入構の関連情報