コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

入水管 ニュウスイカン

デジタル大辞泉の解説

にゅうすい‐かん〔ニフスイクワン〕【入水管】

二枚貝の腹側にある、水を取り込む水管出水管よりも太く長く、入り口ひだ触手をもつものもある。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

にゅうすいかん【入水管】

二枚貝の二本の水管のうち、腹側にあるもの。入り口にひだ状の突起や触手のあるものもあり、水と一緒にえさも取り込む。出水管より太く長い。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

入水管の関連キーワードミルクイガイ(海松食貝)フナクイムシ(船喰虫)アゲマキガイ(蟶貝)貝類/主要用語解説エボヤ(柄海鞘)ベニガイ(紅貝)シジミ(蜆)アゲマキガイフナクイムシシャクシガイムラサキガイサルボウガイウミタケガイオオノガイマテガイ軟体動物二枚貝類アサリタナゴキサゴ

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android