コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

出水管 しゅっすいかんcurrent siphon

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

出水管
しゅっすいかん
current siphon

軟体動物二枚貝類および原索動物尾索類にみられ,体外に開口する2本の管のうち背方のものをさす。入水管とともに,呼吸,摂食などのための水交換器官。一般に入水管より細く短い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

しゅっすい‐かん〔‐クワン〕【出水管】

二枚貝の2本の水管のうち、外側にあり、えらを通った水が出ていく管。入水管より細く長い。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しゅっすいかん【出水管】

二枚貝の二本の水管のうち、背側にあるもの。鰓えらを通った水を排出する管。入水管より細く短い。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

出水管の関連キーワード貝類/主要用語解説アゲマキガイワスレガイマテガイ潮吹貝タナゴアサリ囲鰓腔

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android