全体国家(読み)ぜんたいこっか(英語表記)totaler Staat

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

全体国家
ぜんたいこっか
totaler Staat

19世紀に開花した自由主義的な夜警国家観と社会主義的な福祉国家観に対して,これらを厳しく批判しつつ登場してきた反民主主義的かつ反社会主義的なファシズム思想が提起した国家。 C.シュミットの論が最も有名であり,あらゆる社会的なもの,人間の共同生活全般を掌握する国家をさす。 17,18世紀の絶対国家から 19世紀の自由主義的な中性国家を経て,議会主義をその本質とする自由主義が破綻し,他方で技術という巨大な手段が成立した現代に,それを真に使いこなしうる国家として成立するとされる。 (→全体主義 )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

全体国家の関連情報