コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

全国厚生農業協同組合連合会 ぜんこくこうせいのうぎょうきょうどうくみあいれんごうかい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

全国厚生農業協同組合連合会
ぜんこくこうせいのうぎょうきょうどうくみあいれんごうかい

全厚連と略称される。農村における保健,医療など厚生事業を推進するために設立された農業協同組合連合会。農村における厚生事業は農業会を主体として活動してきたが,1948年農業協同組合法の成立によって農業会は解散し,これらの事業を行うために全国厚生農業協同組合連合会が新たに結成された。系統農協組織下にあり,厚生連は病院経営を行うものが多いが行わないものもふえつつある。現在 32県に厚生連があり,うち 20道県が病院をもっている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

全国厚生農業協同組合連合会の関連キーワードJA栃木厚生連

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

全国厚生農業協同組合連合会の関連情報