コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

農業会 のうぎょうかい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

農業会
のうぎょうかい

1943年に発足した第2次世界大戦中の農業統制機関。構成員は市町村農業会,道府県農業会,全国農業経済会および中央農業会の三段階制のピラミッド型から成り,産業組合,系統農会その他の農業団体を一元的に統合して国策に沿う農業のあり方を指導した。 48年占領軍の農地改革指令によって解体された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

農業会【のうぎょうかい】

農業における供出・配給・生産力・労働力の戦時統制を目的とした機関。農業団体法(1943年)により従来の産業組合農会を統合して設立。市町村・道府県・中央の各農業会と全国農業経済会があった。
→関連項目農業協同組合

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内の農業会の言及

【産業組合】より

…この傾向は日中戦争以降の戦時統制期にはいっそう明確になった。43年の農業団体法は,農会系統と産業組合系統を統合して,各町村に単一の強制加入組織,農業会を組織させた。これが第2次大戦後,民主化を経て今日の農業協同組合につながる。…

【農会】より

… 農会の役員には通例,地域の名望家・在村地主が選ばれたが,彼らは耕作農民の過半数を占めていた小作農・自小作農とは小作料額をめぐって対立せざるをえなかったから,1920年代,30年代の農業・農村にとって最大の問題の一つであった小作争議に対しては,農会は会員の意思一致をはかることができず,ほとんど有効な対策をとれなかった。1943年,戦時農業統制の効率的推進のために農業団体法が成立し,農会は産業組合系統などと合体して農業会に改変され,ここに系統農会組織は解消された。第2次大戦後,占領軍の農民解放指令によって農業会は解体され,農業協同組合にその機能を移した。…

【農業協同組合】より

…明治末期から大正,昭和初期にかけて産業組合は全国的に普及し,昭和恐慌期を経て第2次大戦まで続いた。第2次大戦中の産業組合は,農業団体法(1943)に基づき農会と合併して農業会という名称に変更された。 敗戦によってそれまでの流れにはいちおうピリオドが打たれ,農地改革によって大量につくり出された自作農民を基盤にした新しい形態での農業協同組合が,1947年農業協同組合法の制定によって設立された。…

※「農業会」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

農業会の関連キーワード全国農村工業農業協同組合連合会全国厚生農業協同組合連合会池田 宇右衛門志村 源太郎協同組合学校岡村 文四郎宮本 佐四郎早川 孝太郎農事実行組合三宅 忠一高倉 定助温水 三郎森 八三一日本協同党森田 豊寿片野 重脩北村 義和吉田 秀夫佐藤 垢石吉浜 智改

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

農業会の関連情報