コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

農業会 のうぎょうかい

3件 の用語解説(農業会の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

農業会
のうぎょうかい

1943年に発足した第2次世界大戦中の農業統制機関。構成員は市町村農業会,道府県農業会,全国農業経済会および中央農業会の三段階制のピラミッド型から成り,産業組合,系統農会その他の農業団体を一元的に統合して国策に沿う農業のあり方を指導した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

のうぎょう‐かい〔ノウゲフクワイ〕【農業会】

昭和18年(1943)農業団体法に基づき、それまでの農会や農村の産業組合などを統合して設立した統制機関。同22年農業協同組合法の制定により廃止。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

農業会【のうぎょうかい】

農業における供出・配給・生産力・労働力の戦時統制を目的とした機関。農業団体法(1943年)により従来の産業組合農会を統合して設立。市町村・道府県・中央の各農業会と全国農業経済会があった。
→関連項目農業協同組合

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典内の農業会の言及

【産業組合】より

…この傾向は日中戦争以降の戦時統制期にはいっそう明確になった。43年の農業団体法は,農会系統と産業組合系統を統合して,各町村に単一の強制加入組織,農業会を組織させた。これが第2次大戦後,民主化を経て今日の農業協同組合につながる。…

【農会】より

… 農会の役員には通例,地域の名望家・在村地主が選ばれたが,彼らは耕作農民の過半数を占めていた小作農・自小作農とは小作料額をめぐって対立せざるをえなかったから,1920年代,30年代の農業・農村にとって最大の問題の一つであった小作争議に対しては,農会は会員の意思一致をはかることができず,ほとんど有効な対策をとれなかった。1943年,戦時農業統制の効率的推進のために農業団体法が成立し,農会は産業組合系統などと合体して農業会に改変され,ここに系統農会組織は解消された。第2次大戦後,占領軍の農民解放指令によって農業会は解体され,農業協同組合にその機能を移した。…

【農業協同組合】より

…明治末期から大正,昭和初期にかけて産業組合は全国的に普及し,昭和恐慌期を経て第2次大戦まで続いた。第2次大戦中の産業組合は,農業団体法(1943)に基づき農会と合併して農業会という名称に変更された。 敗戦によってそれまでの流れにはいちおうピリオドが打たれ,農地改革によって大量につくり出された自作農民を基盤にした新しい形態での農業協同組合が,1947年農業協同組合法の制定によって設立された。…

※「農業会」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

農業会の関連キーワードチーホノフ世界大戦福祉社会WACLあじあ号第三次世界大戦秘史カルメン・ジョーンズ欧州統合とオランダ《第2次世界大戦》ロンドン協定(第2次世界大戦)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

農業会の関連情報