コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

全国金属労働組合 ぜんこくきんぞくろうどうくみあい

百科事典マイペディアの解説

全国金属労働組合【ぜんこくきんぞくろうどうくみあい】

略称は全国金属または全金。機械金属関係の産業別単一組合。1950年総同盟傘下の全国金属産業労働組合同盟(全金同盟,1946年結成)の左派が分裂して結成。1955年最初の産業別統一闘争に参加。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典内の全国金属労働組合の言及

【金属機械】より

…初代会長は荒畑寒村。50年7月の総評結成にあたって,鉄鋼,造船,一般機器などの労働者で組織されていた全金同盟は解散大会を開き中産業別組織に切り替えたが,その際,総評加盟反対派を除き,一般機器の労組を中心に同年10月全国金属(全国金属労働組合)が結成された。結成大会をめぐる左右対立で組織の1/3が退場,これ(右派)がのちの全金同盟(現在,ゼンキン連合)となる。…

※「全国金属労働組合」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

全国金属労働組合の関連キーワード全日本産業別労働組合会議合同労働組合佐竹 五三九IMF佐竹五三九高野 実椿 繁夫金属機械連合春闘

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android