全音音階(読み)ぜんおんおんかい(英語表記)whole-tone scale

翻訳|whole-tone scale

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

全音音階
ぜんおんおんかい
whole-tone scale

音楽用語。オクターブを6等分した音階全音階は5つの全音と2つの半音から成るが,全音音階はすべての音程が全音の積重ねから成り,すべての和音は増3和音となる。ロシア国民楽派の M.グリンカが初めて用いたといわれ,のちムソルグスキードビュッシーが効果的に利用した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

ぜんおんおんかい【全音音階】

一オクターブを六つの全音に等分割した六音音階。ドビュッシーらがよく用いた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の全音音階の言及

【音階】より

…このような場合には音階と呼ぶよりは,12音音列と呼ぶほうが正しいであろう。またドビュッシーらに好んで用いられた全音音階(図6)は1オクターブを6個の全音に等分したもので,やはり主音とすべき音をもたないから,これも一種の音列と考えられる。バッハその他によって19世紀末から20世紀にかけて試みられている4分音や6分音(全音を4等分または6等分したもの)など,半音よりさらに狭い音程を含む音階は微分音階と呼ばれる。…

※「全音音階」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android