兪良甫(読み)ゆ りょうほ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

兪良甫
ゆりょうほ

生没年未詳。中国、福建の人で、南北朝時代に集団で来朝した明(みん)人刻工の一人。京都の嵯峨(さが)に住み、1370年(建徳1・応安3)から95年(応永2)の間に、多数の禅籍・漢籍開版に従事し、いわゆる五山版を出版、わが国の印刷文化発展に大きな功績を残した。なお『月江和尚(げっこうおしょう)語録』(1370)、『新刊五百家註(ちゅう)音辯唐柳(おんべんとうりゅう)先生文集』(1387)など、兪良甫自ら刊行したものは、とくに「兪良甫版」と称され、珍重されている。[金子和正]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android