八万四千の法門(読み)はちまんしせんのほうもん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

八万四千の法門
はちまんしせんのほうもん

釈尊の説いた種々の教えのすべてをいう。「八万四千」は,仏教で「多数」あるいは「無数」を意味する語。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

八万四千の法門
はちまんしせんのほうもん

八万四千は多数の意で、法門はブッダ(仏陀)の教えをさす。すなわちブッダの説いた教えの全体を総称していうもの。仏弟子のうち記憶随一といわれたアーナンダ(阿難陀)は、「私はブッダからは八万二千の教えと、修行者からは二千の教えを得た。私はこれら八万四千の教えを会得(えとく)している。」(『長老偈(げ)』1024)と述べている。[高橋 壯]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android