阿難陀(読み)アナンダ

デジタル大辞泉「阿難陀」の解説

あなんだ【阿難陀】

《〈〉Ānandaの音写》釈迦十大弟子の一人。師の説法を最も多く聞き、多聞第一とよばれた。記憶力にすぐれ、経典の第一結集けつじゅうの際に多くの経説を復唱したという。阿難

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「阿難陀」の解説

あなんだ【阿難陀】

(Ānanda) =あなん(阿難)〔易林本節用集(1597)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

LGBTQ

セクシュアルマイノリティ(性的少数者)を表す言葉で、性的指向や性自認を意味する英語の頭文字をとって作られた。Lesbian(レズビアン)は同性を恋愛の対象とする女性、Gay(ゲイ)は同性を恋愛の対象と...

LGBTQの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android