コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

八助 はちすけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

八助 はちすけ

?-? 江戸時代前期,大石良雄の使用人。
播磨(はりま)(兵庫県)赤穂(あこう)郡尾崎村の人。年老いて暇をとる。赤穂藩のとりつぶしで,京都山科にうつる大石をたずねた際,餞別の金を拒否し,大石がえがいた自画像仇討ちの志をさとり,この絵を形見の品としてもらったという。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

八助の関連キーワード野沢 吉弥(8代目)奈河七五三助(2代)市川 荒次郎(初代)阿部松園萩谷遷喬阿部伯孝大石良雄手島季隆関 武志使用人国清播磨

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android