八十島親徳(読み)やそじま ちかのり

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

八十島親徳 やそじま-ちかのり

1873-1920 明治-大正時代の実業家。
明治6年4月9日生まれ。渋沢栄一書生をへて秘書役となる。渋沢同族株式会社の専務をつとめ,関連会社の財産の監理庶務にあたった。大正9年1月死去。48歳。愛媛県出身。高等商業学校(現一橋大)卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

台風一過

台風が通り過ぎたあと、空が晴れ渡りよい天気になること。転じて、騒動が収まり、晴れ晴れとすること。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android