コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

八十末社 ハチジュウマッシャ

デジタル大辞泉の解説

はちじゅう‐まっしゃ〔ハチジフ‐〕【八十末社】

伊勢内宮に属する80の末社。
の意から、大神(だいじん)を大尽に掛けて》大尽の取り巻き。また、多くの眷属(けんぞく)。
大酒、食悦(しょくえつ)、おかげをかうぶる―」〈浄・淀鯉〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

はちじゅうまっしゃ【八十末社】

伊勢内宮に属する八〇の末社。 「内宮の御社-、外宮の御社四十末社/狂言・禰宜山伏」
〔大尽だいじんを大神にかけて、それを取り巻く意から〕 大勢の取り巻きや太鼓持ち。また、大勢の眷属けんぞく・配下。 「おかげを蒙る-/浄瑠璃・淀鯉

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

八十末社の関連キーワード間の山節浄瑠璃御社大尽

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android