コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

末社 まっしゃ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

末社
まっしゃ

社格の一つ。本社に対する枝宮をいう。本社に付属する小さい神社で,摂社に次ぐ位置にある。境内末社境外末社とがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

まっ‐しゃ【末社】

本社に付属し、その支配を受ける小神社。摂社に次ぐ格式を有し、本社の祭神や由緒に深い関係をもつ。えだみや。
《客をいう大尽(だいじん)を大神にかけて本社にたとえ、それを取り巻くものの意》遊里で客の取り持ちをする者。たいこもち。
「榊原という旦那が五六人の―を従え」〈谷崎幇間

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

末社【まっしゃ】

神社の社格の一つ。摂社(せっしゃ)の下。本社に付属する小社で,その境内の内または外にある。中世以来の流行神伊勢八幡日吉賀茂春日白山諏訪稲荷天満宮等)を分祀したものが多い。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

まっしゃ【末社】

本社に付属する小さな神社。摂社に次ぐ格式をもつもの。枝宮えだみや
〔大神(大尽)を取り巻く末社、の意から〕 遊里で客の機嫌を取り結ぶ人。たいこもち。幇間ほうかん。 「買手を大神といひ、太鼓を-と名付け/浮世草子・元禄太平記」
「末社間あい」の略。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

末社
まっしゃ

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

末社の関連キーワード奈良県宇陀市菟田野区古市場群馬県邑楽郡板倉町板倉大阪府枚方市尊延寺大阪府阪南市石田本宮(正宮の称)雨の宮風の宮摂社・末社百二十末社稲依比女命枝神・裔神大山崎神人元禄太平記お熊甲祭白山七社王子神社諭鶴羽山河辺精長山王七社若一王子河崎清厚

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

末社の関連情報