コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

禰宜山伏 ネギヤマブシ

デジタル大辞泉の解説

ねぎやまぶし【禰宜山伏】

狂言。禰宜山伏が茶店で争い、亭主の提案で大黒天を祈り合って験(しるし)のあるほうを勝ちとすることにしたが、大黒天は禰宜のほうばかり向いて浮かれる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

禰宜山伏
ねぎやまぶし

狂言の曲名。山伏狂言。伊勢(いせ)の禰宜が街道の茶屋で休んでいるところに、羽黒山の山伏(シテ)が入ってき、茶がぬるいの熱いのと難癖をつけ、あげくは禰宜に自分の肩箱を担げと無理難題。茶屋が仲裁に入り、名作の大黒天(大黒の面を使用、子方のときは使用せず)を持ち出し、これを祈り招いたほうを勝ちにしようと提案する。2人が祈りだすと、大黒天は禰宜のほうへ向き浮かれ立ち、山伏がむりやり自分のほうに向かせようとすると槌(つち)を突き出し、ついには追い込む。神仏混淆(こんこう)の時代、禰宜と山伏はともに民衆のなかに分け入った宗教者であり、いわば商売敵(がたき)でもあった。いつも下手(したで)に出るがしたたかな禰宜、威勢がいいが空いばりの山伏――宗教者を見つめる狂言作者の目は、いつも鋭い。類曲に「犬山伏」がある。[油谷光雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

禰宜山伏の関連キーワード狂言現行曲一覧高腰を掛く八十末社のさのさ食らう宮雀厳つ

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android