八坂瓊勾玉(読み)やさかにのまがたま

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

八坂瓊勾玉
やさかにのまがたま

長い緒に通した勾玉で、三種の神器の一つ。八坂瓊之五百箇御統(やさかにのいほつみすまる)などともいう。聖なる装飾品として神祭や服属の証(あかし)とされ、また鏡や剣と一組にして副葬品に用いられる(弥生(やよい)時代中期から古墳時代前半期)。石屋(いわや)から天照大神(あまてらすおおみかみ)を導き出すために、鏡や木綿(ゆう)とともに賢木(さかき)にかけられる。「仲哀(ちゅうあい)紀」に、五十迹手(いとで)が賢木に鏡・剣とともにかけて天皇を迎えたのはその例である。「垂仁(すいにん)紀」には、丹波(たんば)国の人の犬が狢(むじな)を殺し、その腹中から八尺瓊勾玉(やさかにのまがたま)を得て奉献し、石上(いそのかみ)神宮(奈良県天理市)に納められたという。だがこの玉の伝承は、出雲(いずも)の玉作との関連が濃く、のちに三種の神器の一つとなるのは、天照大神との関連が重視されたからであろう。[吉井 巖]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android