八尺瓊勾玉(読み)ヤサカニノマガタマ

デジタル大辞泉「八尺瓊勾玉」の解説

やさかに‐の‐まがたま【八×勾玉/八×曲玉】

大きな曲玉一説に、多くの玉を長い緒に貫き輪にしたもの。上代、身につけて飾りとした。
「此の神、奉迎むかへまつりてみづの―を進以たてまつる」〈神代紀・上〉
三種の神器の一。天照大神あまてらすおおみかみ岩戸隠れをしたとき、神々が立てた真榊まさかきにつけて飾ったという曲玉。神璽しんじ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

猛暑日

日最高気温が 35℃以上の日。気象庁では 2007年4月から定義し使用を始めた。おもな都市の平年値(1981~2010)は,稚内 0日,札幌 0日,仙台 1日,新潟 3日,東京 3日,名古屋 12日,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android