八尺瓊勾玉(読み)ヤサカニノマガタマ

デジタル大辞泉「八尺瓊勾玉」の解説

やさかに‐の‐まがたま【八×勾玉/八×曲玉】

大きな曲玉一説に、多くの玉を長い緒に貫き輪にしたもの。上代、身につけて飾りとした。
「此の神、奉迎(むかへまつ)りて瑞(みづ)の―を進以(たてまつ)る」〈神代紀・上〉
三種の神器の一。天照大神(あまてらすおおみかみ)岩戸隠れをしたとき、神々が立てた真榊(まさかき)につけて飾ったという曲玉。神璽(しんじ)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

亡命

政治的,思想的,宗教的,人種的,民族的相違などから,迫害などの身の危険を回避するために本国から逃亡し,外国に庇護を求める行為をいう。教会および国家の支配層による弾圧を逃れてアメリカに渡った非国教徒たる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android