コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

八尺瓊勾玉/八尺瓊曲玉 ヤサカニノマガタマ

2件 の用語解説(八尺瓊勾玉/八尺瓊曲玉の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

やさかに‐の‐まがたま【八×勾玉/八×曲玉】

大きな曲玉。一説に、多くの玉を長い緒に貫き輪にしたもの。上代、身につけて飾りとした。
「此の神、奉迎(むかへまつ)りて瑞(みづ)の―を進以(たてまつ)る」〈神代紀・上〉
三種の神器の一。天照大神(あまてらすおおみかみ)岩戸隠れをしたとき、神々が立てた真榊(まさかき)につけて飾ったという曲玉。神璽(しんじ)。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

八尺瓊勾玉【やさかにのまがたま】

三種の神器の一つ。皇位継承の象徴とされるもので,宮中三殿の賢所(かしこどころ)に置かれる。勾玉は曲玉とも書く。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

八尺瓊勾玉/八尺瓊曲玉の関連キーワード音曲玉淵集・音曲玉渕集気長いぎょろっと千葉の勾玉・曲玉御統目並ぶ八尺瓊大傘もうぼ・る

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone