八尺瓊勾玉/八尺瓊曲玉(読み)ヤサカニノマガタマ

デジタル大辞泉の解説

やさかに‐の‐まがたま【八×勾玉/八×曲玉】

大きな曲玉。一説に、多くの玉を長い緒に貫き輪にしたもの。上代、身につけて飾りとした。
「此の神、奉迎(むかへまつ)りて瑞(みづ)の―を進以(たてまつ)る」〈神代紀・上〉
三種の神器の一。天照大神(あまてらすおおみかみ)岩戸隠れをしたとき、神々が立てた真榊(まさかき)につけて飾ったという曲玉。神璽(しんじ)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android