コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

八家 ハッケ

大辞林 第三版の解説

はっけ【八家】

八宗はつしゆう 」に同じ。
入唐につとう八家 」の略。平安初期に唐へ渡り、密教の教典をもたらした八人の僧。すなわち、最澄・空海・常暁・円仁・円行・慧運えうん・円珍・宗叡そうえいの称。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

八家の関連キーワード唐宋八家文読本【きょう】賢方角火消し俗楽旋律考唐宋八家文円行(1)唐宋八家宮城道雄鈴木小蓮奥村易英神波即山文章軌範前田孝貞奥村永福村井長頼請来目録入唐八家論語集解清の美術密教法具

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

八家の関連情報