八宗(読み)ハッシュウ

百科事典マイペディアの解説

八宗【はっしゅう】

平安時代までに日本に伝来した仏教の宗派。南都六宗華厳(けごん),法相(ほっそう),三論,成実(じょうじつ),倶舎(くしゃ),律の各宗に,北京(京都)の天台真言の2宗を加えたもの。日本仏教の根幹となるもので,八宗兼学は仏教を学ぶものの基礎とされた。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

はっしゅう【八宗】

日本古代・中世の仏教宗派の総称。中国仏教学興起にともない,仏教伝来から8世紀中ころまでの間に,中国より直接もしくは朝鮮三国を通じて,日本へもたらされた三論・成実(じようじつ)・法相(ほつそう)・俱舎(くしや)・律・華厳(けごん)の6宗(南都六宗)と,9世紀初めに最澄,空海が中国より伝えた天台・真言の2宗(北京(ほつきよう)二宗)をいう。奈良時代には〈宗〉は〈衆〉とも書き,学派を意味し,一つの寺に複数の宗が存在したが,平安時代からは一寺一宗となる傾向がつよく,しだいに教派教団の意味をもちだした。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

はっしゅう【八宗】

〘仏〙 平安時代までに日本に伝わった仏教の八つの宗派。俱舎・成実・律・法相・三論・華厳の南都六宗に天台・真言を加えたもの。八家はつけ

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

はっ‐しゅう【八宗】

〘名〙 平安時代に広く行なわれた、仏教の八つの宗派。すなわち、倶舎(くしゃ)・成実(じょうじつ)・律・法相(ほっそう)・三論・華厳(けごん)の南都六宗に、天台・真言を加えたものの総称。八家。
※宝物集(1179頃)「顕密之聖教八宗にわかれて、経論五千三百十二局なり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

八宗の関連情報