コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

八宗 ハッシュウ

百科事典マイペディアの解説

八宗【はっしゅう】

平安時代までに日本に伝来した仏教の宗派。南都六宗華厳(けごん),法相(ほっそう),三論,成実(じょうじつ),倶舎(くしゃ),律の各宗に,北京(京都)の天台真言の2宗を加えたもの。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

はっしゅう【八宗】

日本古代・中世の仏教宗派の総称。中国仏教学興起にともない,仏教伝来から8世紀中ころまでの間に,中国より直接もしくは朝鮮三国を通じて,日本へもたらされた三論・成実(じようじつ)・法相(ほつそう)・俱舎(くしや)・律・華厳(けごん)の6宗(南都六宗)と,9世紀初めに最澄,空海が中国より伝えた天台・真言の2宗(北京(ほつきよう)二宗)をいう。奈良時代には〈宗〉は〈衆〉とも書き,学派を意味し,一つの寺に複数の宗が存在したが,平安時代からは一寺一宗となる傾向がつよく,しだいに教派教団の意味をもちだした。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

はっしゅう【八宗】

〘仏〙 平安時代までに日本に伝わった仏教の八つの宗派。俱舎・成実・律・法相・三論・華厳の南都六宗に天台・真言を加えたもの。八家はつけ

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

八宗の関連キーワード分かる・解る・判る三国仏法伝通縁起倶舎宗・俱舎宗斎藤 緑雨興福寺奏状千僧供養尺素往来斎藤緑雨黒沢琴古八宗綱要太虚大師八家九宗八宗兼学子じま寺中山寺東大寺法相宗矢田寺兼学九宗

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

八宗の関連情報