コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

円行 えんぎょう

朝日日本歴史人物事典の解説

円行

没年:仁寿2.3.6(852.3.29)
生年:延暦18(799)
平安前期の真言宗の僧。入唐八家のひとり。京都出身。16歳のとき元興寺で出家して華厳宗を修め,のち空海から伝法灌頂を受け密教者となる。承和5(838)年入唐。空海が学んだ長安の青竜寺を訪れ,その死を告げる実恵の音信を手渡した。同寺座主の義真から伝法阿闍梨の灌頂を受け,翌年帰国。山城国(京都府)の霊厳寺や播州の大山寺を開き,天王寺最初の別当に就いたという。当時の人々の意識では,密教は,いわゆる宗教の枠組みにとどまるものではなく,むしろ今日の先端的な科学技術に匹敵する面を持っていた。そのため円行が帰国の際,請来した数々の曼荼羅や密教法具・儀軌は先端科学機器やマニュアルの輸入に通じ,円行自身も密教エンジニアの性格が濃い。<参考文献>守山聖真『文化史上より見たる弘法大師伝』

(正木晃)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

世界大百科事典内の円行の言及

【請来目録】より

…常暁(838‐839年在唐)の求法は揚州に限られるが,経典61巻,図像や法具類が記される。円行(838‐839年在唐)は空海の弟子で,長安青竜寺等に赴き聖教123巻,仏舎利,付嘱物,仏像,曼荼羅,法具を得ている。円仁(838‐847年在唐)は長安,五台山,揚州の各地で求得した聖教類802巻,曼荼羅,図像,高僧像などを列記した総目録と,2種の揚州の目録を作成している。…

※「円行」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

円行の関連キーワード高知県高知市円行寺北山県立自然公園実慧(じちえ)蛇紋岩植物請来目録悉曇恵運円仁八家杲隣忠延真然