八島官女(読み)やしまかんじょ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

八島官女
やしまかんじょ

歌舞伎(かぶき)舞踊。長唄(ながうた)。本名題(ほんなだい)『八嶋落官女(やしまおちかんじょ)の業(なりわい)』。単に『官女』ともいう。1830年(文政13)3月、江戸・中村座で中村芝翫(しかん)(4世歌右衛門(うたえもん))が踊った九変化(へんげ)舞踊『第二番目九変化(そのこうへんはなのここのえ)』の一節で、作詞松井幸三、作曲杵屋(きねや)三郎助(10世六左衛門)。平家滅亡後、屋島の浦に生き残った官女が、魚を売り、売色もしながら、昔を懐かしむという内容。地歌『八島』の歌詞が用いられている。初演の振は絶えたが、近年復活。前半は海女(あま)の姿で色気を見せ、後半は緋(ひ)の袴(はかま)の官女姿で薙刀(なぎなた)を振るう。[松井俊諭]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android