コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

八斗の才 ハットノサイ

デジタル大辞泉の解説

はっと‐の‐さい【八斗の才】

《「南史」謝霊運伝から》詩文にすぐれた能。宋の詩人謝霊運が魏(ぎ)の曹植の才をほめて、天下の詩の才の全体を1石とすると、8斗は曹植、1斗は自分、残りの1斗を他の詩人が受け持っていると言ったという故事による。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

はっとのさい【八斗の才】

〔「南史謝霊運伝」より。宋の謝霊運が、天下の才を一石(十斗)とすると魏の曹植そうしよくが八斗を独占していると賞賛した語〕
詩文の才に富むこと。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

八斗の才の関連キーワード一石

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android