コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

曹植 そうしょく Cao Zhi

9件 の用語解説(曹植の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

曹植
そうしょく
Cao Zhi

[生]初平3(192)
[没]太和6(232)
中国,三国時代の魏の文学者。「そうち」とも読まれる。字,子建。曹操の第3子。幼少から抜群の才能を示して父の寵愛を受け,兄の曹丕 (そうひ) と跡目を争ったが敗れ,側近は殺されて,きびしい監視のもとでほとんど毎年封地を移され,最後に陳王となって死んだ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

曹植
そうち

「曹植 (そうしょく)」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

そう‐しょく〔サウ‐〕【曹植】

[192~232]中国、三国時代の魏(ぎ)の詩人。字(あざな)は子建。曹操の第3子。陳王に封ぜられたので、陳思王とも呼ばれる。五言詩にすぐれた。そうち。→建安体七歩(しちほ)の才

そう‐ち〔サウ‐〕【曹植】

そうしょく(曹植)

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

曹植【そうち】

中国,三国時代,魏の詩人。曹操の子。〈そうしょく〉とも。兄曹丕(そうひ)との王位継承争いに敗れ不遇な生涯を送った。五言詩,楽府(がふ),などの抒情的傑作が多く,文学史上の周公旦・孔子とたたえられた。
→関連項目文帝(魏)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

そうしょく【曹植 Cáo Zhí】

192‐232
中国,三国魏の詩人。字は子建。譙(しよう)(安徽省)の人。魏の武帝曹操の三男に生まれた。すぐ上の兄に曹丕(そうひ)(魏の文帝)がある。年少のころから詩文に天才的な能力を発揮して,詩人でもあった父曹操の舌を巻かせた。父の寵愛を受けて,一時は太子に立てられんばかりにもなったが,詩人らしい奔放な処世態度が災いして,兄曹丕に敗れた。父の死後,曹丕が即位すると,彼はことごとに圧迫をこうむって不遇な後半生を送り,41歳で病死した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

そうしょく【曹植】

〔「そうち」とも〕 (192~232) 中国、三国時代の魏の詩人。字あざなは子建。陳思王。魏の曹操の三男。兄の曹丕そうひとの後継者争いに敗れ、失意のうちに病死。詩文集「曹子建集」がある。 → 七歩しちほの才

そうち【曹植】

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

曹植
そうしょく
(192―232)

中国、三国魏(ぎ)の詩人。字(あざな)は子建。沛国(はいこくしょう)(安徽(あんき)省)の人。父は後漢(ごかん)末の英雄曹操(そうそう)(魏の武帝)である。群雄割拠の乱世に、卓抜な軍事的才能を発揮し、華北を統一した曹操は、一世の風雲児であったのみならず、一方において文学を愛好した詩人でもあった。王粲(おうさん)ら「建安(後漢末の年号)七子」に代表される文人集団は、曹操政権の確立とともに形成され、文学の歴史に画期的な変革をもたらした。それまで民間の歌謡であった素朴な五言の詩形を、複雑な思想と感情をも表現しうる知識人の文学形式にまで高め、賦(ふ)から詩へと文学の主流が転回する道を切り開いたのである。曹植は建安の文人の最年少者であり、その文学活動は後漢から魏にまたがっているが、建安の文学を集大成し、五言詩の完成にもっとも大きく寄与した。
 曹操は、才気あふれる曹植を愛していたものの、天才肌にありがちな節度のなさに失望し、217年(建安22)に兄の曹丕(そうひ)(魏の文帝)を後継者と定めた。曹丕も優れた文章家であり詩人であるが、曹植のようなきらびやかさはない。後継者決定に至るまで、双方の側近グループが政治的に暗躍したこともあって、兄弟の間に生じた確執は長く尾を引く結果となった。「七歩の詩」は、七歩あるく間に詩をつくれという曹丕の難題に曹植がこたえたものとして知られる伝説的エピソードである。220年に曹操が死に、後漢の禅譲(ぜんじょう)を受けて曹丕が魏皇帝に即位すると、皇帝権力の強化が図られ、魏室の一族はかえって圧迫された。曹植も王とは名ばかりの幽閉同然の身となり、監視つきで封地に赴いた。頻繁に国替され、明帝(曹丕の長子)の代も不遇のまま、41歳で死んだ。諡(おくりな)は思。最後の封地が陳(河南省淮陽(わいよう)県)であったので陳思王ともよばれる。後半生の悲劇を反映して、その作品には激情と悲哀が色濃く表現されており、自己の境涯を暗示し形象化する力量は、唐代の李白(りはく)や杜甫(とほ)以前の詩人のなかでもっとも傑出している。『曹子建集』10巻がある。[成瀬哲生]
『伊藤正文訳注『中国詩人選集3 曹植』(1958・岩波書店) ▽吉川幸次郎著『三国志実録』(1962・筑摩書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の曹植の言及

【詠史詩】より

…後漢の班固の《詠史詩》はその最も古いもので,前漢文帝の時代の孝女緹縈(ていえい)の物語を主題として感慨をうたう。6世紀初に編まれた《文選(もんぜん)》では,詩の一体として〈詠史〉の部を設け,王粲(おうさん)〈詠史詩〉,曹植(そうしよく)〈三良詩〉以下,21首の作品を収める。王粲,曹植の詩は,ともに春秋秦の穆公(ぼくこう)に殉死した3人の忠臣の話をうたっている。…

【声明】より

…たとえば原始経典中には仏にそなわる三十二相の一つとして梵音清徹ということが述べられていたり,また修行僧が集まり教義の肝要の会得や諸利益のため美しい声で唄を誦することの意義が説かれており,インドにおける声明の原型の存在が想像される。中国においては3世紀初頭の魏の曹植が,魚山(ぎよさん)(山東省泰安府)へ行ったおりに梵天の響きを聞き,その声節を写して梵唄を作ったと伝えられている。その後,隋・唐時代にいたる間は中国仏教の盛期で,この間に各種の仏教儀式が整い,声明の中国化が進み,やがて日本に請来される。…

【中国文学】より

…四言詩も作られるが,しだいに衰弱する。五言詩の代表的詩人曹植(曹丕の弟)は豊富な題材を熱情的にうたったが,真の主題は漢の〈賦〉と同じく,人間の運命への疑問であった。この800年間で最大の長編物語詩《孔雀(くじやく)東南飛》も建安年間の作といい,五言詩の成熟を示す。…

【賦】より

… 六朝時代の初期になると,それまでの叙事をこととする雄大な長編のほかに,抒情的な短編の賦が現れて,新しい境地を開拓した。王粲(おうさん)の〈登楼の賦〉や曹植の〈洛神(らくしん)の賦〉などは,抒情小賦の代表的な成果である。さらに六朝後期には,駢文(べんぶん)の発展と呼応して,対偶表現は一段と徹底し,ほとんど全編が対句から構成されるまでになったほか,平仄(ひようそく)を整えて音声上の効果をよくするくふうも導入された。…

※「曹植」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

曹植の関連キーワード

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone