コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

八田皇女 やたのおうじょ

2件 の用語解説(八田皇女の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

八田皇女 やたのおうじょ

記・紀にみえる仁徳(にんとく)天皇の皇后。
応神天皇と宮主宅媛(みやぬしやかひめ)の皇女。「日本書紀」によれば,皇后磐之媛命(いわのひめのみこと)の留守中に仁徳天皇の妃となる。磐之媛命死後の仁徳天皇38年皇后となった。矢田皇女ともかく。「古事記」には八田若郎女(わきいらつめ)とあり,子がなかったため,御名代(みなしろ)として八田部(べ)がおかれたという。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

八田皇女

生年:生没年不詳
5世紀前半,仁徳天皇の妃。応神天皇と宮主宅媛(宮主矢河枝比売)との皇女。八田若郎女,矢田皇女ともいう。応神天皇の死後,菟道稚郎子と大雀命(仁徳天皇)が異母兄弟同士で位を譲り合っていたが,稚郎子は自殺して同母妹八田皇女を大雀命の妃とするよう遺言を残した。しかし仁徳天皇は,皇后磐之媛の嫉妬にあい実現できないでいた。仁徳30年,皇后の不在のときに八田皇女を招いて妃としたが,皇后の激しい怒りをかう。『古事記』では,別居を強いられた八田皇女のため,御名代(皇族の私有民)として八田部を設置したという。『日本書紀』は,皇后の死後に,妃の八田皇女を新しく皇后に立てたとしている。子はいなかった。

(明石一紀)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

八田皇女の関連キーワード応神天皇胎中天皇仲姫命日向髪長媛品陀真若王宮主宅媛雌鳥皇女宅媛倭吾子籠

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone