コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

八百媳婦国 はっぴゃくそくふこく

世界大百科事典 第2版の解説

はっぴゃくそくふこく【八百媳婦国】

中国の元・明両代,雲南辺外にあった土侯国。タイ北部のチエンマイを中心に初代マンライ王が1296年に創建したラーンナータイLannathai王国の,中国での呼び名である。国名は,その首長に800人の妻があり,そのひとりひとりが一つのとりで(寨)を領していたので,八百媳婦国と呼ばれたという。中国史料には主たる住民は百夷と記されているが,タイ・ユアン族,タイ・ヤイ族などと深縁関係にあるといわれる。元はこの地方を治めるため八百等処宣慰使司を設置し,同じタイ系諸族の大・小車里国と紛争を続けていた八百媳婦国に大徳年間(1297‐1307)遠征隊を送った(大徳の役)。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android