コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

緩衝地帯 かんしょうちたいbuffer zone

翻訳|buffer zone

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

緩衝地帯
かんしょうちたい
buffer zone

対立する強間に位置し,衝突を緩和する小国あるいは中立地域。緩衝国ともいう。強大国相互が直接に国境を接する場合に比べ,その衝突の危険性がかなり緩和される。このような小国は,強大国間の力関係によってその存在が十分に安全とはいえず,強大国と協定を結び,独立の保障を確保する場合がある。その一例が永世中立国であり,スイスが典型である。国際社会の発展に伴い,特に第2次世界大戦以後,冷戦による二大陣営の対立,さらに多極化の世界においては,緩衝国あるいは緩衝地帯の意味も変わってきた。たとえば,非同盟諸国の存在,1950年代にヨーロッパを中心に提唱されたラパツキ案,ゴムウカ案あるいは兵力引き離し論 (→ディスエンゲージメント ) ,また 1967年のラテンアメリカ核兵器禁止条約などは,いずれも広い意味では,複雑な国際社会における緩衝地帯の実現,志向を示すものといえる。東西対立の地理的中間に位置したフィンランド,スウェーデン,オーストリアなどは一種の緩衝国としての役割を果たした。冷戦体制の崩壊後,これらの国の立場にも大きな変化がみられ,むしろユーゴスラビア紛争のように,国際連合の平和維持軍の存在 (→平和維持活動 ) が緩衝地帯の役割を果たすようになっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

かんしょう‐ちたい〔クワンシヨウ‐〕【緩衝地帯】

利害が対立する国家勢力の衝突を和らげるため、その中間に設けた中立地帯

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

緩衝地帯【かんしょうちたい】

強国間に介在して,強国間の衝突の危険を緩和する地帯。それが国家の規模である場合には緩衝国と呼ばれる。中立地帯非武装地帯永世中立国はこれに当たるが,中立政策をとる比較的小さな国も同様の役割を果たす。
→関連項目軍事境界線

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

かんしょうちたい【緩衝地帯】

対立する国と国との間にあって、衝突の危険性を緩和する役割を果たす中立地帯。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

緩衝地帯の関連キーワード石見銀山遺跡と文化的景観古都鎌倉の寺院イギリス・ペルシア戦争コートジボワール内戦イギリス・イラン戦争世界遺産日光の社寺百舌鳥古都京都の文化財古都奈良の文化財キプロス南北分断バッファーゾーン空港スポーツ緑地コーラート高原核兵器禁止地域バーネイ条約東南アジア史保全管理区域カルケミシュサヘル地域比嘉 秀平

今日のキーワード

MERY

ファッション情報を中心とした女性向けデジタルメディア。運営元は株式会社MERY。2013年、株式会社ペロリによって創設された。同社が株式会社ディー・エヌ・エーの子会社となった14年以降も運営は継続され...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

緩衝地帯の関連情報