コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

八花鏡 ハッカキョウ

大辞林 第三版の解説

はっかきょう【八花鏡】

鏡の一種。鏡の輪郭が八つの弧形をしており、葵花形をかたどったものをいう。中国の唐代・宋代、日本では奈良・平安時代に使われた。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

八花鏡の関連キーワード八稜鏡高麗鏡銅鏡輪郭一種

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

八花鏡の関連情報