コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

八重洲ブック・センター やえすブックセンター

世界大百科事典 第2版の解説

やえすブックセンター【八重洲ブック・センター】

1978年3月に東京駅八重洲口前に開店した大型書店鹿島建設の創立者であり,鹿島出版会の初代社長の鹿島守之助の遺志で創立。売場面積750坪で当時としては日本一の規模であった。〈欲しい本が思うように入手できない〉という,出版界に対する読者の不満にこたえるべく,在庫数百万冊,〈何でもそろう〉のキャッチフレーズで話題になった。同時に,既存大型書店が多店化を展開している時期でもあったため,他業種からの新規参入の典型として,書店界で注目された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

八重洲ブック・センターの関連キーワード[各個指定]芸能部門平岩弓枝[各個指定]工芸技術部門サーカス大場久美子岩合光昭北村太郎コモロ佐々木崑高橋悠治

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android