コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

八重洲ブック・センター やえすブックセンター

1件 の用語解説(八重洲ブック・センターの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

やえすブックセンター【八重洲ブック・センター】

1978年3月に東京駅八重洲口前に開店した大型書店。鹿島建設の創立者であり,鹿島出版会の初代社長の鹿島守之助の遺志で創立。売場面積750坪で当時としては日本一の規模であった。〈欲しい本が思うように入手できない〉という,出版界に対する読者の不満にこたえるべく,在庫数百万冊,〈何でもそろう〉のキャッチフレーズで話題になった。同時に,既存大型書店が多店化を展開している時期でもあったため,他業種からの新規参入の典型として,書店界で注目された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

八重洲ブック・センターの関連キーワード東京駅口前ビヤホール八重洲八重八重東京駅延伸計画風の道計画北沢敬二郎高石鍈之助八重寿

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

八重洲ブック・センターの関連情報