鹿島建設(読み)かじまけんせつ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鹿島建設
かじまけんせつ

総合建設会社。天保 11 (1840) 年創業。 1880年鹿島組と呼称,1930年株式会社に改組,47年現社名に変更。 54年より海外へ本格的に進出し,63年年間受注高世界最高を記録した。 68年日本最初の超高層ビル三井霞が関ビルを完成,その後も超高層ビルを次々に建設してその分野で国際的信用がある。 91年呼称を鹿島とし,海洋建造物をはじめ新技術の開発に積極的に取組んでいる。売上構成比は,建築 67%,土木 25%,開発事業など8%。年間売上高1兆 6588億 8400万円 (連結。うち海外事業2%) ,資本金 640億 7100万円,従業員数1万 3210名 (1999) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

上意下達

上位の者や上層部の命令・意向を、下に伝えること。⇔下意上達。[補説]この語の場合、「下」を「げ」とは読まない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鹿島建設の関連情報