八雲塗(読み)やくもぬり

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

八雲塗[漆工]
やくもぬり

中国地方、島根県の地域ブランド。
松江市・出雲市で製作されている。江戸時代末期から明治時代初期の頃に、松江塗師坂田平一が中国製の漆器を参考に創作したのが始まり。出雲の古歌「八雲立つ」からとって八雲塗と命名された。様々な色調の漆や青貝金銀粉を使って絵模様を描き、その上に天然透漆を塗り重ね研き出してつくられる。島根県ふるさと伝統工芸品。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

八雲塗の関連情報