公信原則(読み)こうしんのげんそく

精選版 日本国語大辞典の解説

こうしん‐の‐げんそく【公信原則】

〘名〙 ある権利関係が、実際には存在しないにもかかわらず外形的には存在するようにみえる場合、その外形を信頼して取引した者に、実際の法律効果を認めてこれを保護しようとする原則。取引の安全を目的とするもので、動産有価証券即時取得などにみられる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android