公共交通事故被害者支援室

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

公共交通事故被害者支援室

国が設置する初の事故被害者支援組織。災害対策基本法に基づく国の防災基本計画にある大規模事故(鉄道、航空帰船舶)が支援の中心。4月29日の関越道ツアーバス事故のような自動車事故は、警察や自治体独立行政法人自動車事故対策機構」(NASVA)などの既存の相談窓口があるため対象外だが、問い合わせには応じる。

(2012-05-13 朝日新聞 朝刊 2社会)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

MBO

マネージメントの方法論の1つ。目標管理とも呼ばれている。目標によって管理する対象は事業や仕事の内容、あるいは部下の活動であって、目標を管理することとは意を異にする。事業や部署の内容に応じた最適な目標を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android