コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

公田法 こうでんほうGong-tian-fa; Kung-t`ien-fa

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

公田法
こうでんほう
Gong-tian-fa; Kung-t`ien-fa

中国,南宋末の民田買収政策。理宗の景定4 (1263) 年2月,元軍の南下に対して軍糧の充実を目的とし,賈似道 (かじどう) によって行われた土地政策で,200畝以上所有の地主からその3分の1を強制的に国家が買収して公田とし,これを小作人に貸与して年貢を納めさせ,軍糧に供しようとした。初め全国で 1000万畝,租米6万~7万石を見込み,賈似道みずから1万畝を供出し,浙西から公田買収に着手したが,地主階級の反対にあって,翌5年7月計画を中止した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

公田法の関連キーワード宋の時代(年表)

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android