コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

理宗 りそうLǐ zōng

世界大百科事典 第2版の解説

りそう【理宗 Lǐ zōng】

1205‐64
中国,南宋第5代皇帝。在位1224‐64年。姓名は趙昀(ちよういん)。太祖趙匡胤(ちようきよういん)10代の孫にあたる。4代皇帝寧宗のあとは沂王(きおう)の趙竑(ちようこう)が継承するはずであったが,宰相史弥遠(しびえん)はこれを嫌い,策謀をめぐらし昀を擁立した。寡黙で朱子学に傾倒していた理宗は,1234年史弥遠の死とともに端平と年号を改め,真徳秀らの学者を登用するが失敗。モンゴルの重圧を前に,賈似道(かじどう)に政権をゆだねて南宋滅亡への道を開いた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

理宗の関連キーワード無準師範(ぶじゅんしはん)岸本 能武太岸本能武太仏星為戒無準師範無門慧開亘理元宗高清水城李璮の乱蒲寿庚劉克荘戴復古無冤録洗冤録公田法宗教夏珪馬麟

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

理宗の関連情報