公紹入道親王(読み)こうしょうにゅうどうしんのう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

公紹入道親王 こうしょうにゅうどうしんのう

1815-1846 江戸時代後期,韶仁(つなひと)親王の第3王子。
文化12年9月12日生まれ。光格天皇の養子。文政10年親王宣下をうけて出家。江戸寛永寺にはいり,天保(てんぽう)14年輪王寺門跡(もんぜき)となった。弘化(こうか)3年10月19日死去。32歳。幼称は菊宮。俗名は彰信(あきこと)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

公紹入道親王 (こうしょうにゅうどうしんのう)

生年月日:1815年9月12日
江戸時代後期の有栖川宮第7代韶仁親王の第3王子
1846年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android