コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

公紹入道親王 こうしょうにゅうどうしんのう

美術人名辞典の解説

公紹入道親王

江戸後期の有栖川宮第七代韶仁親王の第三王子。幼名は菊宮、のち彰信。弘化2年(1845)歿、31才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

公紹入道親王 こうしょうにゅうどうしんのう

1815-1846 江戸時代後期,韶仁(つなひと)親王の第3王子。
文化12年9月12日生まれ。光格天皇の養子。文政10年親王宣下をうけて出家。江戸寛永寺にはいり,天保(てんぽう)14年輪王寺門跡(もんぜき)となった。弘化(こうか)3年10月19日死去。32歳。幼称は菊宮。俗名は彰信(あきこと)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

公紹入道親王 (こうしょうにゅうどうしんのう)

生年月日:1815年9月12日
江戸時代後期の有栖川宮第7代韶仁親王の第3王子
1846年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

公紹入道親王の関連キーワード生年月日宝田通文

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android