コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

公紹 こうしょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

公紹 こうしょう

?-1321 鎌倉時代の僧。
姉小路実世(あねがこうじ-さねよ)の子。真言宗。醍醐寺(だいごじ)無量寿院の俊誉(しゅんよ)に灌頂(かんじょう)をうける。文保(ぶんぽ)3年東寺長者。元亨(げんこう)元年8月10日死去。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

公紹の関連キーワード古今韻会挙要姉小路実世9月12日宝田通文滄浪詩話鎌倉時代

今日のキーワード

スタットコール

《statは、急を要するの意。「スタッドコール」とも》病院内での緊急召集。緊急事態発生時に、担当部署に関係なく手の空いている医師や看護師を呼び出すために用いる。→コードブルー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android