コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

姉小路実世 あねがこうじ さねよ

1件 の用語解説(姉小路実世の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

姉小路実世 あねがこうじ-さねよ

1204-1264 鎌倉時代の公卿(くぎょう)。
元久元年生まれ。皇后宮権亮(ごんのすけ),左近衛(さこんえの)中将,蔵人頭(くろうどのとう)などをへて,寛喜(かんぎ)2年参議。のち正二位,権中納言にすすむ。東寺長者公紹の父。文永元年11月死去。61歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

姉小路実世の関連キーワード地下の公卿正親町三条実躬北畠雅行久我通基近衛家通平兼親藤原公明源有資源定平(1)冷泉頼隆