公辺(読み)コウヘン

大辞林 第三版の解説

こうへん【公辺】

おおやけ。公儀。 「 -のお首尾が悪く、百日の間閉門仰付けられますると云ふ騒ぎ/真景累ヶ淵 円朝
表向き。表ざた。 「 -にいたして御返済申す/黄表紙・金生木」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

こう‐へん【公辺】

〘名〙
※政談(1727頃)二「公辺の勤方に脇を見合せ、例を聞合せすることを肝要とし、物毎に念を入るを善とす」
② おもてだったこと。おもてむき。おおやけざた。
※意専(猿雖)宛芭蕉書簡‐元祿五年(1692)三月二三日「花もいたづらに散果(はて)、公辺之花、名利の客のみさはぎののしりて」
※黄表紙・莫切自根金生木(1785)下「御うけとりなされずは、こうへんにいたして御返済申す」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android