コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

公開鍵暗号技術 こうかいかぎあんごうぎじゅつ

1件 の用語解説(公開鍵暗号技術の意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

公開鍵暗号技術

情報を第三者が解読できない暗号に変換することで、インターネット上での安全な情報のやりとりを可能にする技術。誰もが入手できる公開鍵で暗号化し、自分だけが持てる秘密鍵で復号化する仕組み。ただし、公開鍵は誰でも入手できるため、それが間違いなく本人であると証明する必要がある。そこで認証局という信頼できる第三者機関を設けて、公開鍵の正当性を担保している。これにより、データの盗聴や改ざん、なりすましなどを防止することが可能。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

公開鍵暗号技術の関連キーワードエンコード解読公開鍵暗号方式AD変換クリプトロジー第三者第三者執行パブリックリレーションズDA変換次世代シーケンサー

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

公開鍵暗号技術の関連情報