六口島(読み)むくちじま

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

六口島
むくちじま

岡山県中南部、児島(こじま)半島沖合いの瀬戸内海備讃(びさん)瀬戸にある島。面積1.17平方キロメートル。倉敷(くらしき)市に属する。下津井(しもつい)瀬戸を隔てて下津井港に対する。瀬戸内海国立公園域で、西岸には花崗(かこう)岩が侵食され、ゾウのような形になった象岩(国指定天然記念物)がある。海水浴場やキャンプ場があり、児島観光港から渡船が出る。人口11(2009)。[由比浜省吾]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android