コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

渡船 とせんferry; ferryboat

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

渡船
とせん
ferry; ferryboat

渡し船。河川,港湾,海峡の対岸,または離島との間の,比較的近距離の水路を往復して,旅客,貨物,車両などを運搬する特殊船。櫓で漕いで進む河川用の原始的な渡し船から,7000~8000tの大型船,快速のフェリーボートなど各種がある。構造上,普通船型渡船と車両渡船とがある。普通船型には用途により,河川渡船,港内渡船,海峡連絡船,鉄道連絡船などがあり,車両渡船には,輸送車両の種類により,諸車渡船,列車輸送船,自動車渡船などがあるが,モータリゼーションの進行は自動車を主として運ぶカーフェリーのめざましい普及をもたらした。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

と‐せん【渡船】

わたしぶね。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

渡船【とせん】

フェリーボート

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

渡船(わたりふね)

酒造好適米の品種のひとつ。1895年育成。雄町(おまち)から選抜された品種。渡船から選抜淘汰された短稈渡船は山田錦の父にあたる。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

大辞林 第三版の解説

とせん【渡船】

わたしぶね。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の渡船の言及

【渡し】より


【日本】
 渡河地点は,川幅の狭くなる所のすぐ上,九州では〈ツル〉,東国では〈トロ〉などといわれる緩流の場所が選ばれた(これに対し,徒渉(かちわたり)の場合は,川幅の広い浅瀬が選ばれる)。渡船は,多く喫水の浅い艜船(ひらたぶね)で,最初は水流に逆らって斜め上流にこぎ出し,川中で方向を転換して向う岸へ斜めに船を流す。ただし小河川では,流れに直角に引き渡した綱をたぐって船を渡す場合もある。…

【渡し】より


【日本】
 渡河地点は,川幅の狭くなる所のすぐ上,九州では〈ツル〉,東国では〈トロ〉などといわれる緩流の場所が選ばれた(これに対し,徒渉(かちわたり)の場合は,川幅の広い浅瀬が選ばれる)。渡船は,多く喫水の浅い艜船(ひらたぶね)で,最初は水流に逆らって斜め上流にこぎ出し,川中で方向を転換して向う岸へ斜めに船を流す。ただし小河川では,流れに直角に引き渡した綱をたぐって船を渡す場合もある。…

※「渡船」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

渡船の関連キーワードかまえ海上釣り堀釣っちゃ王ハーパーズフェリーカリフォルニア米ビュルツブルク尾崎(大阪府)ドブズフェリースチュアート島木曽川の渡船大竹[市]甚兵衛渡し湖沼水運業竹代 治助列車航送船酒造好適米渡頭集落岡田只治若戸大橋木更津港竹代治助有料道路

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

渡船の関連情報