水島灘(読み)みずしまなだ

日本大百科全書(ニッポニカ)「水島灘」の解説

水島灘
みずしまなだ

瀬戸内海中央部、岡山県の児島(こじま)半島と塩飽(しわく)諸島、笠岡(かさおか)諸島に囲まれた水域。北部は高梁(たかはし)川下流域の干拓や埋立てにより広範囲が陸化され、水島臨海工業地域となっている。下津井(しもつい)、呼松(よびまつ)、寄島(よりしま)などでは沿岸漁業や浅海養殖が盛んであったが、工業地域造成による水質の悪化などのため、漁業は衰退している。

[由比浜省吾]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「水島灘」の解説

水島灘
みずしまなだ

岡山県南西部,笠岡諸島児島半島にいだかれた海域上水島下水島の両島があるのでこの名がついた。沿岸の水島付近は源平古戦場として知られ,近世には瀬戸内海の海上交通要路となっていた。北部沿岸ではノリの養殖が行われていたが,第2次世界大戦後,漁場が埋立てられ,水島工業地域が形成された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉「水島灘」の解説

みずしま‐なだ〔みづしま‐〕【水島灘】

岡山県南西部、倉敷市と香川県塩飽しわく諸島の間にある海域。高梁たかはし川河口の海面は埋め立てられ水島臨海工業地域になっている。瀬戸内海国立公園に含まれる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版「水島灘」の解説

みずしまなだ【水島灘】

瀬戸内海のほぼ中央部の海域で,児島半島,笠岡諸島および塩飽(しわく)諸島に囲まれる。1183年(寿永2)に水島の平家源氏(源義仲)が戦い,平家が勝利をおさめた戦場で,これを水島合戦という。水島の渡とは当時島であった柏島と乙島(おとしま)の間の瀬戸で,今日の倉敷市玉島港内といわれる。当時の水島灘は深く内陸まで入りこんでいたが,現在では水島地区の臨海工業地帯の成長により地先が広く埋め立てられて大幅に狭められた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

プラスチックワード

意味のあいまいなままに、いかにも新しい内容を伝えているかのように思わせる言葉。プラスチックのように自由に組み合わせ、さまざまな分野で手軽に使える語をさす。ドイツの言語学者ベルクゼンが提唱。「国際化」「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android