コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

倉敷 くらしき

6件 の用語解説(倉敷の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

倉敷
くらしき

倉敷地の略称で,荘園から本所,領家へ輸送する年貢などを一時保管しておく場所。そこには年貢物を保管する建物 (倉庫) や事務所などがあり,普通,荘内の中心をなす荘園庁の所在地におかれたが,水運を利用しうる荘園では多く渡し場におかれた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

くら‐しき【倉敷】

倉敷地」の略。
倉敷料」の略。

くらしき【倉敷】[地名]

岡山県南部の市。江戸時代蔵米の積み出し港として発展。明治以後は繊維業を中心に工業化。大原美術館や考古館・民芸館などがある。南部の水島地区は臨海工業地帯。平成17年(2005)8月、船穂町・真備町を編入。人口47.5万(2010)。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

くらしき【倉敷】

中世に荘園領主や中央官衙などの貢納物を納めた倉庫の敷地。多くは荷物の陸揚げ,積出しの中継地である港湾におかれ,そこから荘園となり,やがては港湾都市に発展したものが多い。倉所(くらどころ)ともいう。 もっとも著名な例は,備後国大田荘と,その倉敷地として設定された尾道浦五町の例である。荘園年貢運送のためには,倉敷地は必須のものであり,立荘の2年後に設定されている。肥後国鹿子木荘は立荘の翌年に設定されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

くらしき【倉敷】

荘園から年貢など貢納物を領主に輸送する際、一時的に保管しておくところ。
「倉敷料」の略。

くらしき【倉敷】

岡山県南部の市。江戸時代、代官所が置かれ、近国の物資の集散地として繁栄。明治以後繊維工業で栄え、現在は水島臨海工業地域に重化学工業が多い。大原美術館・民芸館・考古館などがある。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

倉敷の関連情報