コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

つい ツイ

デジタル大辞泉の解説

つい[副]

[副]
そのつもりがないのにしてしまうさま。うっかり。思わず知らず。「つい話し込んでしまった」
そのつもりがあるのに、そのまましないでいるさま。「つい言いそびれてしまった」
時間・距離などがごくわずかであるさま。ほんの。すぐ。「ついさっき電話があった」「つい目と鼻の先に住んでいる」

つい[接頭]

[接頭]《動詞「つ(突)く」の連用形のイ音便形から》動詞の連用形に付いて、その動詞の表す動作・作用を強める意を表す。「ついくぐる」「ついつくばう」
「手づから―さして、錠強くさしていぬ」〈落窪・一〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

つい

( 副 )
そうする気持ちのないままに、そのことをしてしまうさま。思わず。うっかり。 「腹が立って-怒鳴ってしまった」
そうしようという気持ちがありながら、実際に行う機会を失ってしまったさま。 「気の毒で-言いそびれる」 「 -忙しさにかまけまして」
距離・時間などが非常に近いさま。すぐ。 「 -そこまで出かけました」 「 -今し方」 → ついした

つい

( 接頭 )
〔動詞「突く」の連用形「突き」の転〕
動詞に付いて、その動作を強めたり、瞬間的に行われる意を表したりする。 「 -くぐる」 「 -ヒザマヅイテ/天草本平家 3

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ついの関連キーワードピアニカ[pianica]スパニッシュショールティーボーンステーキ二枚下ろし/二枚卸し脊椎癒合症/癒合椎ちょんちょこりんTボーンステーキ温水洗浄便座ドアノッカーダブルはさみ脊椎のしくみマスクメロンパワーヤマト昨日や今日ぎっくり腰クレセント築垣・築牆黍餅・黍餠横目縦鼻職業婦人

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ついの関連情報