コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

つい ツイ

デジタル大辞泉の解説

つい[副]

[副]
そのつもりがないのにしてしまうさま。うっかり。思わず知らず。「つい話し込んでしまった」
そのつもりがあるのに、そのまましないでいるさま。「つい言いそびれてしまった」
時間・距離などがごくわずかであるさま。ほんの。すぐ。「ついさっき電話があった」「つい目と鼻の先に住んでいる」

つい[接頭]

[接頭]《動詞「つ(突)く」の連用形のイ音便形から》動詞の連用形に付いて、その動詞の表す動作・作用を強める意を表す。「ついくぐる」「ついつくばう」
「手づから―さして、錠強くさしていぬ」〈落窪・一〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

つい

( 副 )
そうする気持ちのないままに、そのことをしてしまうさま。思わず。うっかり。 「腹が立って-怒鳴ってしまった」
そうしようという気持ちがありながら、実際に行う機会を失ってしまったさま。 「気の毒で-言いそびれる」 「 -忙しさにかまけまして」
距離・時間などが非常に近いさま。すぐ。 「 -そこまで出かけました」 「 -今し方」 → ついした

つい

( 接頭 )
〔動詞「突く」の連用形「突き」の転〕
動詞に付いて、その動作を強めたり、瞬間的に行われる意を表したりする。 「 -くぐる」 「 -ヒザマヅイテ/天草本平家 3

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ついの関連キーワードピアニカ[pianica]ティーボーンステーキスパニッシュショール二枚下ろし/二枚卸しサウンドトラックTボーンステーキちょんちょこりんダブルはさみマスクメロン温水洗浄便座脊椎のしくみドアノッカーパワーヤマト黍餅・黍餠ぎっくり腰クレセント築垣・築牆昨日や今日手ランプ横目縦鼻

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ついの関連情報