コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

六合釈 りくがっしゃく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

六合釈
りくがっしゃく

サンスクリット語の合成語を構成する前分 (初めにある語) と後分 (あとにある語) との関係の解釈を6種に分類したもの。サンスクリット文典に起源をもつ。 (1) 相違釈 等価の語の並列,たとえば「苦楽 (苦と楽) 」。 (2) 依主釈 後分が前分によって格の関係で結ばれているもの,たとえば「天授 (天から授けられた) 」「王子 (王の子) 」。 (3) 持業釈 前分が形容詞,副詞などの働きのもの,たとえば「金剛堅 (金剛のように堅い) 」「師子人 (獅子のような人) 」。 (4) 帯数釈 前分が数詞のもの,たとえば「三夜」「三世界」。 (5) 有財釈 合成語全体が形容詞として所有の意味をもつもの,たとえば「四足」「青目」。 (6) 不変釈 不変詞を前分とした副詞的合成語。たとえば「瞬時」「毎日」。

六合釈
ろくがっしゃく

六合釈」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

六合釈の関連キーワードサンスクリット語隆瑜

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android